ボトルキープのメリット・デメリット

ボトルキープという独特の文化は、日本の場合スナックをはじめ高級クラブやラウンジ、キャバクラなどはもちろんバーやレストランでも採用しているお店が数多くみられる運営上のシステムのひとつです。

お客様が自分専用のお酒のボトルを店にキープし、訪れるたびにその一部を楽しむことができるこの制度は、お客様はキープすることでそのお店にとって一種の会員となり、次回以降も来店利用することを宣言するようなものですものね。

この記事では、そのメリットとデメリットを真剣に考察し、理解を深めて、上手なボトルキープの利用をしていきましょう。

お客様編

ボトルキープのメリット

  1. 個性の表現
    ボトルキープは自己表現の手段としても有効です。お客様が選ぶお酒はお客様の好みとパーソナリティを表し、それを友人など他の人と共有することでさらにコミュニケーションが深まるでしょう。また、ボトルキープをすることで、そのお客様はお店の常連客として迎え入れられたことになり、個人差はあるもののそこにステータスを感じることもできるはずです。
  2. 経済性
    ボトル単位でお酒を購入することで、一杯あたりの価格が下がるというメリットがあります。特に同じ店を頻繁に訪れる場合、ボトルキープは経済的な選択肢となり得ます。
  3. 利便性
    好きなお酒をすぐに楽しむことができるという点もボトルキープの大きな利点です。そのお客様専用のボトルが常に待機しているため、気軽にお気に入りのお酒を味わうことができるのです。
    もちろんウイスキーや焼酎でも様々な飲み方があるので、都度異なる飲み方を楽しむのも良いですね。

ボトルキープのデメリット

  1. 利用頻度
    あまりにも頻繁に同じ店を訪れない場合、ボトルキープは有効活用できない可能性があります。また、特定のお酒は時間の経過とともに風味を損ねる可能性があるため、注意が必要ですね。
  2. 選択肢の制限
    ボトルキープを利用すると、その店で楽しむことができる飲み物の選択肢が制限されることがあります。自分のボトルに固執することで、他の美味しい飲み物を見逃す可能性があるのです。とはいえ、余裕があれば他のボトルも注文できますし、お店によってはグラス売り(ショット売り)に対応している場合もあります。
  3. 初期投資
    ボトルのお酒を購入するためには、初期に大きな金額を支払う必要があります。一杯あたりのコストが下がるかもしれませんが、デメリットと考えるなら初期投資は大きな負担と言えます。
    お店がボトルキープ制を基本としている場合は、ボトルキープをすることがそのお店の会員となるための条件になっている場合もあります。

お店編

ボトルキープのメリット

  1. 売り上げ確保
    お客様がボトル全体を購入することで、一定の売り上げを前もって確保することができます。ボトルの単価はそこそこ高いので、嬉しいですよね。
  2. リピート顧客の増加
    ボトルキープを利用するお客様は、同じ店を頻繁に訪れる傾向にあるため、リピート顧客が増えます。お店としてもボトルの残量をネタに来店のお誘いをすることもできます。

ボトルキープのデメリット

  1. 保管問題
    多くのボトルを店内に保管する必要があるため、スペースや倉庫など、保管の問題が発生する可能性があります。これは有効な顧客数が増えると避けられない問題となる場合もあります。
  2. 管理問題
    ボトルキープが増えると、それを上手に管理する必要があります。予めボトルキープのお客様が来ることがわかっていれば、キープされたボトルをゆっくり探すこともできますが、不意のご来店にスムーズに対応するには、ボトル管理システムなどを上手に使ってしっかりとした在庫管理が必要です。
  3. 賞味期限
    一部のお酒は開封後一定期間で風味が落ちるため、それらの賞味期限管理が必要となります。
    また、長らくご来店の無いボトルも、いつまでも保管するわけにもいかず、お店によっては一定期間などのルールで廃棄することも考える必要があります。

ボトルキープ制度を
上手に活用しよう

ボトルキープは、お客様とお店双方にメリットとデメリットが存在します。これらを理解して最適なバランスを見つけ、ぜひボトルキープの制度を上手に活用してください。それぞれの視点から考慮することで、より良い体験を提供し、お客様にもお店側にも、双方が得る利益を最大化することが可能となるでしょう。

関連記事

  1. 手間を省く!!!

    手間を省く!!!

  2. オリンピックや万博で飲食店が期待できることはあるのか

  3. 新時代の夜遊び – お客様を魅了するプロモーション戦略と接…

  4. 店内の衛生環境と意識、私たちにできること。

    店内の衛生環境と意識、私たちにできること。

  5. 今が狙いめ!!

    今が狙いめ!!

  6. スマホ決済のゆくえ